難しが能力があればかなり稼げる

学生の時、雑誌記事の英語翻訳のアルバイトをした事があります。かなり長文で、専門用語も多く、時間がかかりました。2ヶ月の余裕がありましたがギリギリでした。どういった内容のものだったかはっきり覚えていませんが、確か食品の過食フィルム製造に関する話題だったと思います。専門用語はネットで調べても簡単に分からない事が多く、教授や英語の先生に良く聞きに行きました。また、その記事に関連するような論文や専門書を読んで大体の動きが理解できないと和訳できません。翻訳する際には直訳ではなく、背景を知った上で適切な日本語に意訳しなければならない事を知れたいい機会でした。ちなみに、記事一つに対する報酬は16000円程度だったと思います。私はあまり英語に興味を持った事がありませんでした。その為、英語の勉強が遅れ、そんなに得意ではありません。
英語を勉強するにはイヤイヤ勉強しても全く身になりません(経験談)。まずは英語に興味を持って、慣れ親しむ事が大切だと思います。
子供も機会に英語にふれる、普段使わなければならない機会はかなり少ない事が問題だと思います。なので、子供の頃から海外に旅行に行ったり、留学する(少しでも)しておくのがいいと思います。私の大学の先生がアメリカに1年くらい行っていた時に子供もアメリカに連れて行き(子供は幼稚園ぐらい)幼稚園に通わせていたそうです。そうすると、先生より子供の方が英語を良く話せるようになったとおっしゃっていたので、子供の頃から海外に行く事が必要だと思います。

«