大きなアドバンテージ

英語を学ぶことで、世界中の人たちとコミュニケーションがとれることは、とても良いことだと思います。
日本人は、語学を学ばなければ、日本のことしか知らずに生きていくことになっていたでしょう。
語学を学ぶことで、他の文化を知ることができるのは、一石二鳥なのではないでしょうか。

グローバル化が叫ばれている中、異文化を理解し、受け入れることのできる人は、需要が高いです。
そしてなんといってもやはり、海外にともだちがいるということは、視野が広がり、自信もつき、いいことだらけです。
就職や受験にも有利です。

しかし、実際に海外へ行って学んだ言語を使おうとしても、なかなかうまくいかないことが多いです。
スラングを知らなかったり、表現を知らなかったりすると、誤解を招いてしまうこともあります。
でもそこで、自信を失ってはいけないと思います。

語学は継続して学んでいくものです。
あきらめず、くじけず、粘り強く学習していくことが大事だと、語学を学んでいくうちに、改めて実感しました。
また、現代では、英語だけでは通用しない社会になるのではないかと思います。

そんな中、早いうちに英語以外の語学を学んで、習得することは大きなアドバンテージだと自負しています。
これからも頑張っていきたいです。

«
»